So-net無料ブログ作成

ドイツ監督サッカー進撃 レーブ監督による新プラン [日記]

今回のワールドカップにて、ドイツ代表の進撃にはドイツ代表監督ヨアヒム・レーブ監督の戦略が大当たりなのでは?と思うのは私だけだろうか。

ドイツ代表はワールドカップに乗り込む前に何戦かの国際親善試合へ挑んでいるが、その試合でどのような戦術・スタイルで今大会に挑むのかが見えた試合があった。

その試金石と言える試合で見えたのは、最終ディフェンスラインからのワントップへのロングボールが殆ど皆無だったのだ。私の記憶が確かならば、ドイツはクローゼ(ドイツの絶対的な存在感のフォワード)へのロングボールを多用して得点を重ねていた印象だった。その試合はセンターフォワードタイプではないフォラント選手がワントップの位置で配置されたが、彼はボックス内で体を張るタイプではなくフィジカル面も秀でた面は見られらいのである。

当のフォラント選手はワントップというよりはゼロトップとして試合を進めていたように見える。トップの位置に張らずに中盤にも顔を出すなど流動的に動きまわるのである。そしてドイツはセンターバックが前へ出ると空いたスペースにボランチがカバーに入り丁寧にボールを繋いでゲームえお優位に組み立てる。これをベストメンバーが入り、加えて以前からのパターンに加えてゲームを支配した場合今大会でもかなりの好成績を残すものと私は確信している。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。