So-net無料ブログ作成

サッカー オランダ代表 フォーメーション [日記]

今回、ワールドカップブラジル大会で、オランダはいきなり前回優勝国のスペインを大差で下すなど、
その強さが際立っている。

そんなオランダを少し調べてみようかと思う。

オランダは今回5-3-2のフォーメーションで望んでいる。
今のオランダはワールドカップを勝ち抜くためには、この方法しかないと考えてのフォーメーションのようだ。
2010年の南アフリカ大会で準優勝をしたが、その2年後の欧州選手権では大惨敗をした。

これにより、一つの区切りができ、チームの若返りと方向を見直す機会となったわけだ。

ファン・ハール監督は以前、ストライカーのスピードと決定力を生かすために、
中盤以降の選手8人で守備を固めてボールを奪い、
縦に蹴るサッカーでチームを優勝に導いた成功経験がある。

この戦術は、1986年メキシコワールドカップ大会を優勝した、アルゼンチンの戦術に似ている。
当時、アルゼンチンは絶対的なエース、ディエゴ・マラドーナを生かすためにこのシステムで大会を戦ったのだ。

今回のオランダはゴールデン・トライアングルがチャンスを作り試合を決めるゴールを奪うという、形が目立つ。
特にロッペンのスピードには、どのチームも翻弄されているように思える。
しかし、オランダ国内では往年の4-4-2のシステムをとの声も少なくない。しかし、結果を残すにはコレしかないと、望んでついに4強まできた。

これからの戦いが真価を問われる戦いだ。是非素晴らしい試合を見たいものだ。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。